電源設計の技術情報サイト

技術資料ダウンロード

FAQ

AC/DC

【電源に関する相談窓口】電源設計に関するご不明点、ご質問などありましたらお気軽にご相談ください。

AC/DC

絶縁と非絶縁のちがいは? 製品仕様/規格/認証
絶縁は、ACラインとは分離されているもので、感電の危険がありません。非絶縁は、ACラインと接続されているので、感電の恐れがあります。
絶縁しなければならないセットは、テレビ、ビデオ、オーディオなど、他のセットと接続するものです。ロームの製品では、BP5710-1,BP5716BP5729などです。
非絶縁でも良いセットは、洗濯機、電気ポット、炊飯器、空気清浄機などです。ロームの製品では、BP5034D12,BP5047B15などです。
BP5034D12は絶縁型か? 製品仕様/規格/認証
BP5034D12は、片側がACラインと接続して使用するため、一次側とは絶縁されていません。
24時間常時使う製品に採用実績があるか? 一般/その他
空気清浄機、冷蔵庫、ガス漏れ警報機などがあります。
BP5034D12のNC端子は接続しても問題ありませんか? 製品仕様/規格/認証設計/アプリケーション
NC端子はオープンとなっていますので、問題ありません。但し、沿面距離に注意してください。
BP5037B12の動作方式は? 製品特性/動作
自励方式のチョッパ方式です。下記を参照ください。BP5037B12はコイル外付けの場合となります。

(パワーモジュールデザインガイドより抜粋)
BP5034D12について、入力電圧がAC80Vを下回った場合はどのような特性になるか? 製品特性/動作設計/アプリケーション
AC80Vを下回ると、出力電圧が低下します。
BP5034D12に、DC282V(AC200V)印加した場合、破壊するか? 製品特性/動作仕様/規格/認証
BP5034D12にDC282Vと印加しましたが破壊はしませんでした。
負荷電流0.1A(定格)のとき、BP5034D12の表面温度は86℃でした。(周囲温度25℃)
破壊するか破壊しないかは、周囲の条件により変わりますので、実機にて充分ご評価をお願いします。
BP5034D12が搭載している保護回路は? 製品仕様/規格/認証特性/動作
過電流保護回路を内蔵しています。
UL規格を取得している製品は? 仕様/規格/認証一般/その他
ロームの電源では、UL規格を取得しているものはありません。しかし、基板、外装樹脂はUL規格のものを使用しています。顧客のセットでの、申請でUL規格対応できます。(アメリカの掃除機メーカーにて採用実績があります。)
外装樹脂の難熱性グレードは? 仕様/規格/認証一般/その他
難燃性グレードはUL94 V-0です。
外装樹脂の絶縁耐圧は? 仕様/規格/認証一般/その他
20kV/mm以上です。
BP5710-1の耐圧試験は全数実施か? 製品仕様/規格/認証
BP5710-1は1-2次の絶縁耐圧試験を全数行っています。
BP5710-1以外にも、絶縁タイプのものは全数試験を行っています。
BP5033-12の構造は? 製品仕様/規格/認証
BP5033-12の構造図を下記に示します。
BP5037B12の外付けヒューズの推奨品は? 製品設計/アプリケーション
大東通信機株式会社 BD10 定格 400VDC 1Aです。詳細はメーカーにご確認ください。
BP5037B12の外付けヒューズの定格電圧は? 製品設計/アプリケーション
入力電圧の定格が必要ですので、170V以上です。
AV100Vラインには両切りでヒューズ(5A)をつけるが別にヒューズが必要? 設計/アプリケーション
必要です。必ずご使用ください。
ヒューズの代わりにジャンパチップ(MCR10-0Ω)は使用できるか? 設計/アプリケーション
ジャンパチップはヒューズの代わりにはなりません。
速断ヒューズが必要な理由は? 設計/アプリケーション
製品が故障した場合、製品から発煙、発火を防ぐためです。
外付けコイルに推奨品以外を使用可能か? 設計/アプリケーション
外付けコイルは、特性に影響を与えます。ロームにて、ご使用予定のコイルにて評価しますので、サンプルをロームまで送ってください。その際、サンプルとそのコイルの仕様書もお願いします。
コイルの方向によって音鳴りが発生する。 設計/アプリケーション特性/動作
コイルの方向で、スイッチング周波数が変わります。スイッチング周波数が、可聴帯域になるとコイルの振動音が発生し音鳴りとなります。
コイルの方向で発振周波数が変わる理由は? 設計/アプリケーション特性/動作
この製品は自励発振方式となっています。コイルから発生する磁束が製品本体の駆動回路に影響を与え発振周波数が変わります。
BP5034D5の入力平滑コンデンサの推奨値は3.3µF~22µFとあるが、33µFにした場合問題はないか? 製品設計/アプリケーション特性/動作
モジュールの動作には問題有りません。
入力平滑コンデンサの容量を小さくした場合の問題は? 設計/アプリケーション特性/動作
出力電流が小さい場合には、小さくしても問題ありませんが、許容リプル電流に余裕があるか確認してご使用ください。
出力電圧コンデンサの推奨耐圧は25Vだが、16Vした場合に問題はあるか? 設計/アプリケーション特性/動作
出力電圧コンデンサは、出力リップル電圧に影響を与えます。一般的にコンデンサは耐圧が低くなるとESR(等価直列抵抗値)が大きくなり、出力リップル電圧が大きくなります。セットにて、ノイズの評価をして問題ないことをご確認ください。また、許容リプル電流は小さくなります。推奨条件の許容リプル電流に問題ないことをご確認ください。
マイナス30℃からの動作保証は可能か? 仕様/規格/認証一般/その他
マイナス30℃での保証はご容赦ください。
部品と端子間のオープンショート試験結果は? 仕様/規格/認証設計/アプリケーション
発煙、発火はありませんでした。
BP5718A12のトランスの仕様は? 製品設計/アプリケーション
トランスはTDK株式会社のSRW25ES-X48V015です。トランスはカスタムなので、量産対応可能かどうかは、メーカーにご確認してください。
BP5722A12のトランスの仕様は? 製品設計/アプリケーション
トランスはTDK株式会社のY05103-3となります。トランスはカスタムなので、量産対応可能かどうかは、メーカーにご確認してください。