若い音楽家たちの活躍

243

正戸 里佳 Ms.Rika Masato

ヴァイオリン/violin

奨学金受給年度2007,2008,2009,2010,

プロフィール及び近況
広島市出身。 2004 年 アカシア賞受賞。2011 年 エネルギア音楽賞受賞。 2006 年 パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールで第 3 位受賞(日本人最高位)。 2016 年 7 月ドミニク・ぺカット国際ヴァイオリンコンクールで審査員満場一致の第 1 位および聴衆賞受賞。 桐朋学園大学ソリスト・ディプロマを経て 2009 年に渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程をプルミエ・プリ(一等賞) およびフランソワーズ・ドゥロー賞をもって首席で卒業し、その後同音楽院第三課程を修了する。 現在パリのサル・プレイエル、シテ・ドゥ・ラ・ミュジクやルーヴル宮殿を含む会場でのリサイタル、オーケストラ共演、ラジオフランスでの演奏、またイタリア、スペイン、ハンガリー、アメリカなど各国のフェスティバルに招待され、リサイタルを行っている。2016 年 11 月にパリの サル・ガヴォーにてオーケストラとの共演 が予定されている。 国内では、広響、大フィル、日フィル、札響、ポーランド放送室内合奏団などのオーケストラと共演し好評を博す。 これまでにヴァイオリンを長谷川夕子、飯田芳江、前橋汀子、工藤千博、原田幸一郎、ローラン・ドガレイユ、パトリス・フォンタナローザ、ピエール・アモイヤルの各氏に師事。

奨学金給付期間中の思い出
パリ国立高等音楽院へ大学をとばし大学院から入学し、学校の休み期間はヨーロッパ各地で開催されるセミナーに参加した。大学院ではラジオ・フランスオーケストラに参加したり、著名なソリストのマスタークラスに参加したりと、大変有意義な学生生活を送る事ができた。また、満場一致で一等賞と特別賞を受賞し、修士課程を修了した。