若い音楽家たちの活躍

辻本玲(c)竹原伸治

Information

第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞 チェロ部門受賞。

辻本 玲 Mr.Rei Tsujimoto

チェロ/cello

奨学金受給年度2007,2008,2009,2010,

プロフィール及び近況
東京芸術大学音楽学部器楽科を首席で卒業。その後シベリウス・アカデミー(フィンランド)、ベルン芸術大学(スイス)に留学し卒業。第72回日本音楽コンクール第2位(「聴衆賞」受賞)。2007年度青山音楽賞新人賞受賞。2009年ガスパール・カサド国際チェロ・コンクール第3位入賞(日本人最高位)。2011年に東京サントリーホール他5大都市でデビュー・リサイタルを開催。2013年トッパンホールでのリサイタルは読売新聞の演奏会評にて「質実剛健な音、得難い逸材」と絶賛され、秋には「第12回齋藤秀雄メモリアル基金賞」を受賞。毎年夏にサイトウ・キネン・オーケストラ、アルカス佐世保のレジデンス・カルテットに参加、自ら率いるアトランティス弦楽四重奏団ほか室内楽でも活動するなど、今後の活躍を期待されるチェリストである。メタ・ワッツ、オーランド・コール、川元適益、上村昇、山崎伸子、アルト・ノラス、アントニオ・メネセスの各氏に師事。使用楽器は、NPO法人イエロー・エンジェルより1724年製作のアントニオ・ストラディヴァリウスを貸与されている。

奨学金給付期間中の思い出
世界で活躍するソリストのアルト・ノラス、アントニオ・メネセス先生のレッスンで毎週間近で演奏を見られたことは大きな刺激でした。ヨーロッパの各地の空気感を感じれらたことも貴重な時間でした。

個人サイトはこちら