若い音楽家たちの活躍

唐沢安岐奈

唐沢 安岐奈 Ms.Akina Karasawa

チェロ/cello

奨学金受給年度1994,1995,

プロフィール及び近況
名古屋市立菊里高校音楽科、東京藝術大学を経て、同大学院修了。ハンガリー国立リスト音楽院留学。文化庁派遣芸術家在外研修員としてミュンヘンに留学。1990年福島賞受賞。1991年現代音楽室内楽コンクール第1位、ならびに朝日現音賞受賞。1992年東京国際音楽コンクール室内楽部門第2位、ならびにルフトハンザ賞受賞。1996年第66回日本音楽コンクール入選。1997年日本演奏連盟のオーディションに合格し名古屋フィルハーモー管弦楽団とドヴォルザークのチェロ協奏曲を共演。1999年3大協奏曲の夕べで名古屋フィルハーモニー管弦楽団とドヴォルザークの協奏曲を共演。2002年にはセントラル愛知交響楽団定期演奏会にてエルガーの協奏曲を共演。1999、2002、2010年には東京・名古屋にてソロリサイタルを開く。2009年文化庁主催「明日を担う演奏家達」にて東京交響楽団とブラームスのドッペルコンチェルトを共演。全国でソロ・室内楽等で活躍中。これまでに故堀江泰、三木敬之、林良一、D.シャフラン、C.オンチャイ、H.シュティーラーの各師に師事。現在、読売日本交響楽団チェロ奏者。