奨学生レポート RMFレポート インタビュー

冬のワイマールより(林佑子さん)

林 佑子さん/Ms.Yuko Hayashi
(専攻楽器ソプラノ/soprano)

[ 2018.03.22 ]

学校名:フランツリスト・ワイマール音楽大学大学院

ローム ミュージック ファンデーション奨学生の林 佑子です。
今年度もロームミュージックファンデーション奨学生として、続けてドイツで勉強させていただけることになり、大変嬉しく思います。

クリスマスマーケット(ワイマール)

<クリスマスマーケット(ワイマール)>

 

今回は、私がここ最近休日に訪れた大好きなワイマールの様子と学校での近況をお届けします。
冬のドイツと言えば、なんと言ってもクリスマスマーケットですね!静かな街も11月下旬からはメルヘンチックに装飾された屋台で賑わいます。

授業や仕事の帰りに友人とマーケットに立ち寄り、グリューワインを飲んで身体を中から温めます。

私はいつも子供向けのノンアルコールのキンダープンシュという甘い飲み物を頂きます。

他にもマーケットには、クリスマスツリーのための珍しいレースの飾り、寒いドイツの冬にぴったりの特別あたたかい帽子やマフラー、綺麗な彩のろうそくのポットお店などがあり、クリスマスならではの買い物を楽しむことが出来ます。

クリスマスマーケット(ブレーメン)2

<クリスマスマーケット(ブレーメン)2>

 
また、先日はアンナ・アマーリア大公妃図書館というユネスコ世界文化遺産にも登録されている歴史の深い図書館に行ってきました。

シンプルな外観からは想像できない豪華なロココ調の内装は圧巻で、その空間は厳かで気高く、まるで別世界にいるようでした。

音楽以外でも、美しい芸術や日常のハッ心が浮きたつ瞬間に癒され、自分は本当に良い環境で勉強させてもらっているな・・・と感じます。

 

アンナ・アマーリア大公妃図書館

<アンナ・アマーリア大公妃図書館>

 
さて、10月より授業のほかにも、今年の4月に出演するハイドンの歌劇《月の世界》の音楽稽古に励んでいます。私はフラミーニアという役を歌わせていただきます。

音楽稽古では、まずコレペティートアと二人だけで言語や音楽的なこと、作品の背景について勉強していきます。間もなくアンサンブル稽古が始まり、2月には立ち稽古も・・・暗譜を終え、これから他の歌手たちとの立ち稽古などを経て、このお話の世界観がより明確になっていくのが凄く楽しみです!!良い公演になるように頑張りたいと思います。

音楽稽古の様子

<音楽稽古の様子>

 

来月には、女性作曲家のリートのマイスタークラスに参加する予定です。

私自身これまでに女性作曲家の曲を演奏する機会があまりなかったのですが、作品に触れてみると、女性的な感性やパワーのようなものを感じ、非常に興味深く、共感しながら歌っています。

待ち遠しいです!次回はこのクラスの様子もお届けできればと思います!
2018年も明けて気持ち新たに、留学生活で思い残すことのないよう、一日一日大切に、積極的に挑戦し、邁進したいと思います!!
今年も皆様にとって実り豊かな一年になりますように。

 

 


やはり現地の建物や空気感のようなものを肌で感じることが音楽をより豊かにしていくのでしょうね。 ぜひこのチャンスに多くのことを掴んでいってください!