奨学生レポート RMFレポート インタビュー

これまでの活動を振り返って(杉田恵理さん)

杉田 恵理さん/Ms.Eri Sugita
(専攻楽器ヴィオラ/Viola)

[ 2016.07.1 ]

学校名:ハノーファー音楽大学

ロームミュージックファンデーション奨学生の杉田恵理です。
ドイツは、春の兆しが出てきて花が咲き始めて暖かくなってきています。

4

奨学生の期間中にたくさんの機会を頂け、奨学金を頂けているおかげで、安心してとても充実した勉強や活動ができ、発表の場もたくさん頂けたことに感謝しております。

10月にデンマーク・コペンハーゲンで行われたニールセン国際室内楽コンクールで第二位とニールセン賞を頂け、11月は、クスクァルテットとベルリンのテクノスタジオでのクラシック音楽のコンサート、「ウォーターゲートコンサート」で共演しました。コンサートは、ベルリン・ブランデンブルグ放送でも放送されました。

1 26
私たちのハノーファー音大での先生である、オリヴァー・ヴィレ先生と彼の所属するクスクァルテットと共演でき、その日は誕生日で皆さんにお祝いしてもらい、とてもエキサイティングで幸せな誕生日となりました。またその後は、フランクフルトでクァルテット音楽祭に出演し、ハーゲンクァルテットのコンサートのためのワークショップに出演しました。

35

 

 

 

 


充実した留学生活のようで良かったです。ぜひこれからも研鑽を続けてください。