奨学生レポート RMFレポート インタビュー

ヨーロッパでの演奏会が増えたくさんの事を勉強させてもらっています!!!(福田廉之介さん)

福田 廉之介さん/Mr. Rennosuke Fukuda
(専攻楽器ヴァイオリン/violin)

[ 2016.05.20 ]

学校名:ヴァレー州シオン音楽院

ロームミュージックファンデーション奨学生の福田廉之介です。
スイスのシオンの今は、夏に来るときに想像していたよりも暖かくまた今年は、例年よりも暖かいみたいで最低気温は-10度くらいです。

FB_IMG_1453842796458

住み始めて間もないときは、環境にはすぐ慣れたものの、日本みたいにたくさんの種類の食料がないことや、すぐに何でも手に入るわけではないので、そういった面に慣れるのに時間がかかりました。

スイスに来てやりたかった室内楽も実現し、10月にはチャイコフスキーのフローレンス(ゼックステット)をベルンとチューリッヒで演奏しました。
室内楽は日本でしたことがなく、外国で数回しただけだったので、どういうふうに音楽を作っていくのか等不安もありました。
しかし、ほかのメンバーがいろいろ助けてくれて、とても良い勉強になりました。

 

1445116852725

 

また、スイスに来てヨーロッパの演奏会が増えました。
8月からスイス、ドイツ、ロシア、チェコ、イギリス等の国で演奏しています。
今までは日本での演奏会が中心だったので、ヨーロッパの聴衆の皆さんの反応はどうなんだろうと不安もありました。ですが、演奏会が終わった後いろんな方々が温かい言葉をかけてくださり、アドバイスもいただいて、さらに自分に自信が持て、もっと聴衆の皆さんの心をつかめる演奏をしようというさらに音楽に対しての探求心を持って練習するようになりました。
これらの経験は、僕が音楽家になっていく上での大きな第一歩になったと思います。
今ヨーロッパに住んでいるからこそ、ヨーロッパの文化等も勉強し、それを音に表現できるように努力していきたいと思います。
さらに、自分の夢である人の心をつかむ音楽家になれるように頑張っていきたいと思います。
これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

 


ヨーロッパでの演奏が増えていることは仰る通り音楽家になる上で良い経験になりそうですね! これからもがんばってください。