奨学生レポート RMFレポート インタビュー

今までを振り返ってみて(小林愛実さん)

小林 愛実さん/Ms.Aimi Kobayashi
(専攻楽器ピアノ/piano)

[ 2014.09.5 ]

学校名:カーチス音楽院

ローム ミュージック ファンデーション奨学生の小林愛実です。
今年も真夏日の暑い日が続いております。

photo2 (3)

<カーチス音楽院でのコンサートにて。>

 

2年間の奨学生期間ももうすぐ終わりを迎えます。

この数年を振り返ってみると本当に苦労の連続でした。
私にとって留学すると決断したことはとても大きくさらにそれを実行することは今までの私の人生で一番大きな出来事だったかもしれません。
留学生活は私が思い描いていたものよりはるかに大変でした。

 

photo3 (3)

<カーチス音楽院での遠足で動物園に行きましたその時の写真。>

 

まずは、やはり言葉です。
伝えたいことを伝えることが出来ず人と話すことにまで苦痛を感じてしまい、ひとりで部屋に閉じこもっている時期もありました。
そして食生活や生活習慣、初めてのひとり暮らし・・・ですが良い友達にも恵まれ、そして何より私の留学生活を少しずつですが明るくしてくれたのは、やはり音楽でした。
まだまだ留学生活は始まったばかりですがこれからはもっと色々なことに挑戦し、今ここでしか学ぶことの出来ない音楽、留学生活の中での貴重な体験を大切に、精一杯頑張っていきたいと思います。
世界中でコンサートをし、皆様に感動していただけるような演奏ができるように頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

photo1 (2)

 

<学長のバースデーパーティーにて学長との写真。>

 

 

 


初めての一人暮らしが海外というのは本当に大変でしょうね。やはり音楽にしても生活にしても人との関わりあいが重要だと思いますので、ぜひ素晴らしい経験を積んで良い音楽を奏でてください。