奨学生レポート RMFレポート インタビュー

最近の近況(小林美樹さん)

小林 美樹さん/Ms. Miki Kobayashi
(専攻楽器ヴァイオリン/violin)

[ 2013.12.11 ]

学校名:コンセルヴァトリウムウィーン私立音楽大学

ローム ミュージック ファンデーション奨学生の小林美樹です。

こんにちは。早いものでウィーンに留学して3年目の冬を迎えました。

こばやし

ウィーンの冬はとても寒く、ここ最近は毎日雪が降っております。
そんな寒い冬はやっぱりカフェで温かいスープや美味しいケーキを食べながら友人達と音楽の話をするのが一番!

 

ケーキの写真 スープの写真
私はこのカフェザッハーのザッハートルテとじゃがいものスープが大好きで、レッスンの帰りにいつも一息をつきながら反省をします。
うまくいかなくて落ち込んだ時も、このケーキとスープに励まされ、またお家に帰って練習するのがいつものお決まりコースです。

 

そんな私は12月に日本に帰国し、すぐに控えている室内楽の演奏会、リサイタル、年末のびわ湖ホールでのジルヴェスターコンサートに向けてたくさんの曲を練習しております。練習は大変ですが、たくさんの知らなかった曲に出会えたり一度演奏した曲でも何年か経ってまた取り組んだ時に今までとは違う解釈で演奏してみたり・・いつも同じ演奏をすることが出来ないのがまた魅力でもあると思います。
そんなわけで毎日本当に試行錯誤!大変ですがそこが楽しいところなのです。

 

今度のリサイタルでベートーベンのソナタ8番を演奏するので、ベートーベンさんに会いに行こう!と11月初旬にバーデンというウィーン郊外にある温泉地へ行ってまいりました。

ウィーンのオペラ座前から出ているバーデン線で終点まで1時間、決して速いとは言えないのろのろとしたスピードで街を駆け抜けていきます。

着いた所はまるでおもちゃの国!とっても可愛らしいこじんまりした町並みが広がっていました。
お目当てのベートーベンさま↓

 

ベートーベンとの写真
私とベートーベンと今回私を訪ねてきてくれた姉の3ショットです。
ベートーベンは第九の大半をこの街で作曲したそうです。
ベートーベンに会えて良いインスピレーションを得る事が出来たので今度のリサイタルはうまくいきそうです!笑

 

この時季はとっても紅葉が綺麗で、バーデンにある大きな公園にも行き紅葉に埋もれている写真も撮りました。

 

紅葉の写真
自然にも触れる事が出来、とても良いリフレッシュになりました。

このような経験が出来るのもいつも応援して下さっているロームミュージックファンデーションの皆様のおかげだと思っております。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、いつも皆様の心に残る演奏をお届けできるよう頑張ってまいります。

 

 


RMFがある京都の紅葉も美しいですが、ヨーロッパの紅葉も美しいですね! ベートーヴェンが曲のインスピレーションを得た場所を訪れることによって何か変わるかもしれませんね!リサイタルで良い演奏ができることを祈ってます。