奨学生レポート RMFレポート インタビュー

留学生活。(粟辻聡さん)

粟辻 聡/Mr.So Awatsuji
(専攻楽器指揮/conductor)

[ 2013.10.1 ]

学校名:グラーツ芸術大学大学院

ローム ミュージック ファンデーション奨学生の粟辻 聡です。
ヨーロッパで夏を過ごすのは今年が初めてですが、日本とはまた一味違った暑さにめげそうになりながら、日々充実した生活を送らせていただいております。

konzert 2

そんな中、先日、私が師事している、マルティン ジークハルト先生の講習会を受けるため、イタリアのCitta di Castelloという街まで行ってきました!

 

レッスンは、3日間二台ピアノと、そして3日間、地元のオーケストラにご協力いただいて行われました。
受講生は12人。18歳から僕のような大学院生までの世代で、毎日仲間の指揮をする姿を見て、刺激を受け、時には深い感動を覚えることもありました。

 

unterricht
そんな中、やはりなんといってもこの講習会では、改めて我が師、マルティン ジークハルト先生の素晴らしさを、感じることとなりました。
先生がオーケストラを振ると、自然に音楽が流れ、音が本当に活きてくるのがわかります。
先生はレッスン中、あまり細かいことはおっしゃらないのですが、その指揮をする姿、音楽をする背中で、無言のうちに私達に多くのことを伝えてくださっているような気がしてなりません。
修了コンサートでは私は、ベートーヴェンの交響曲第7番、第四楽章を指揮させていただきました。
私自身も本当に得るものが多かったこの講習会。また少し、成長できたような気がしています。

 

so GP

 

この夏はさらにもう一つ、ブルガリアでの講習会を控えており、それが終われば、また学校のオーケストラ定期演奏会への出演をかけたオーディション等が待っています。

さらにいい音楽ができるよう、これからの留学生生活、ますます精進していきたいと思っております。

粟辻聡

 

 


素晴らしい先生に出会えたようですね。ぜひこの経験を活かして今後の活動の糧としていただき、日本での活躍も期待しています。