奨学生レポート RMFレポート インタビュー

ミュンヘンでの生活

上野 星矢さん/Mr.Seiya Ueno
(専攻楽器フルート/Flute)

[ 2013.06.26 ]

学校名:ドイツ国立ミュンヘン音楽・演劇大学大学院

ロームミュージックファンデーション奨学生の上野星矢です。

パリからミュンヘンに移り、早いもので半年が立ちました!!

1_withアンドレア リーバークネヒト先生

生活スタイルから人との接し方、人間関係作り、何もかもがパリと違い、戸惑うこともありますが、慣れてくるとそれはそれで、なかなか居心地が良いです。

街も綺麗で安全 ! 
レッスンも大変充実していて、学校のレッスンの後、さらに先生の自宅で、24:00 近くまでレッスンなどということもよくあります。(そしてそのあとに先生やクラスメートと飲むドイツビールの美味しいこと。。!)

プレゼンテーション1

最近では、学校での生活の他に、パリ時代の同級生と結成した、木管五重奏団 ” Quintette Alma” のメンバーと、一週間のベルリン合宿を行い(現在、ほとんどのメンバーがドイツに住んでいるため)、フランスのマルセイユで開催された、アンリ・トマジ国際木管五重奏コンクールに出場して、一位を受賞しました。音楽だけに向き合い、仲間とともに充実した生活を過ごせたこの期間は、とても良い経験になりました。

 

5_Quintette Alma

 

オーケストラでも、フランスのナントで毎年開催されている音楽祭「ラ フォル ジュルネ」に参加させていただいたり、国立パリ管弦楽団にも乗せていただいたりと、素晴らしい経験をさせてもらっております。

今年は、ドイツのオーケストラのオーディションなどにも、積極的に挑戦して行きたいと思っています!!

 

 

公式サイト:http://www.mori-music.com/seiya.html

facebook:http://www.facebook.com/Seiya.Flute

 


アンリ・トマジ国際木管五重奏コンクールでの一位、おめでとうございます!同級生たちとのアンサンブルは楽しそうですね。また、日本でも多くの方が訪れる「ラ・フォル・ジュルネ」の本場、ナントの「ラ・フォル・ジュルネ」への参加も良い経験になったのではないでしょうか。これからオーケストラのオーディションも頑張ってください!