奨学生レポート RMFレポート インタビュー

繋がってゆく−音楽と人

岡田 奏さん/Ms.Kana Okada
(専攻楽器ピアノ/piano)

[ 2013.04.26 ]

学校名:パリ国立高等音楽院

ローム ミュージック ファンデーション奨学生の 岡田 奏 です。

こんにちは。

ヨーロッパではサマータイムが始まり、パリは夜8時を過ぎても明るく春の風が気持ちよい、私が一番好きな季節になってきました。

コンクールの表彰式

 

 

この度2月末にフランス・ポントワーズ市で行われた「ピアノキャンパス国際ピアノコンクール」にて優勝、併せてオーケストラ賞とインターネットサイト « jejouedupiano »の特別賞を頂きました。

素晴らしい音楽仲間たちとの出会いはいつも私がコンクールや講習会で楽しみにしていることの一つですが、今回もたくさんの人と出会うことができ、4日間共に過ごし語り合ったことは私の大きな財産となりました。

恩師、フランク・ブラレイ先生と

コンクールのプロデューサーの方から8月末にフランス・アヌシーで開催されるフェスティバルへ招聘されたり、こうして音楽仲間が増えていくことは私が音楽をさせてもらっているからこそ生まれる絆であり、大切にしていかなくてはと思っています。そしてその一つ一つの場で学ばせて頂いていることは言葉にできないほどたくさんあり、全てが私の血となり肉となっています。

 

これからも、聴いて下さる方々が幸せで笑顔になれるような、現実からどこかへタイムスリップできるような演奏をしていけるよう、日々努力していきます。

 

 

 


コンクールでの優勝、おめでとうございます!コンクールを通して色々な方々との出会い、そしてチャンスを得ているようですね。音楽に限らず、人とのつながりというのは大切なことです。これからもそのつながりを大事に頑張ってください。