奨学生レポート RMFレポート インタビュー

学フェス日記その7~フランス&オーストリア~

RMFレポート

[ 2018.05.30 ]

学フェス4日目、5月29日はピアノで構成されたコンサートで、フランスとオーストリアの学生が中心となった日でした。

まずはフランスの学生による演奏で、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」やショパンの「華麗なる大円舞曲」などを演奏し、色彩感豊かな演奏を披露しました。

 

 

次はオーストリアの学生の演奏。

ベートーヴェンの「エリーゼのために」やショパンの「木枯らしのエチュード」などを披露した後、同じくオーストリアの学生作曲家による世界初演曲、「ピアノのための、夢が思い出になるとき」を披露しました。

合奏ではピアニスト4名が出演。

なかなか聴くことがない、ピアノ2台を4名で演奏する「2台8手」の演奏でヘンデルの「水上の音楽」やベートーヴェンの「エグモント序曲」を披露し、息の合った演奏で会場を沸かせました。

いよいよ今日はフィナーレです。

学生たちの熱演にご期待ください!

 

写真撮影:佐々木卓男