奨学生レポート RMFレポート インタビュー

学フェス日記その6~フランス&チェコ~

RMFレポート

[ 2017.05.29 ]

ついに京都・国際音楽学生フェスティバル2017(以下、学フェス)の2日目。

フランスとチェコの学生が中心となったコンサートをお届しました。

52800669

まずはパリ国立高等音楽院(フランス)の学生によるホルンとピアノの演奏をお届けしました。

ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌや水の戯れ等を演奏しました。

52800221

 

次に、プラハ国立芸術アカデミー(チェコ)のフルートとピアノの学生による演奏でボルヌの「カルメンによる華麗な幻想曲」等を披露しました。

52800332

 

アンサンブルでは、フランスとチェコの学生に加えてオーストリアと日本の管楽器の学生が出演しました。

ピアノの連弾に木管五重奏、R.シュトラウスの13の吹奏楽器のためのセレナードという大きなアンサンブルも披露しました。

52800562 52800669 528_0107

盛り上がりを見せている学フェスも後は平日の3日間のみ!

楽しいコンサートになること間違いなしです。

528_0055

<終演後の様子>

(撮影:佐々木卓男)

 

【チケット状況】5月29日11:00現在

5月30日のみ販売中