奨学生レポート RMFレポート インタビュー

スカラシップコンサートVol.10、11開催!(その1)

RMFレポート

[ 2016.08.9 ]

2016年8月4日、5日と2日間にわたりローム ミュージック ファンデーションの奨学生が京都に集い、演奏するスカラシップコンサートを開催し、13名の奨学生が演奏しました。まずはVol.10についてご報告します!

804_0057

まず、8月4日に行われたVol.10、トップバッターはヴァイオリンの福田廉之介さんによる演奏。

パガニーニの「24のカプリース作品1より第24番」等を演奏しました。

28G07341

 

続いて、ヴィオラのデュオという珍しい編成で、大野若菜さんと田原綾子さんがショスタコーヴィチ(編曲:小早川麻美子)の「5つの小品」等を演奏しました。

28G07590

 

<左:大野若菜さん、右:田原綾子さん>

 

そしてチェロの上村文乃さんによる、カサドの「親愛なる言葉」等の演奏。

伴奏は同じく奨学生の小林海都さん。

28G07917

 

休憩を挟んで、ヴァイオリンの原麻里亜さんが解説を交えながらエネスクの「ヴァイオリンソナタ第3番」を演奏しました。

28G07939

 

 

ここまで弦楽器が続きましたが、ここでソプラノの加藤麻衣さんがハイドンから山田耕作まで幅広い歌を披露。

28G08362

 

 

そして、Vol.10のトリを飾ったのはピアノの反田恭平さん。急遽曲目の変更がありましたが、ビゼー(編曲:ホロヴィッツ)の「カルメン幻想曲」を披露して、Vol.10の幕が閉じました。

28G08400

 

終演後の一枚。

804_0044

 

満席のお客様から大きな拍手をいただき、1日目は終わりました。

熱い演奏が多く、また個性も溢れていて楽しいコンサートになったのではないでしょうか。

翌日のVol.11については「その2」でお知らせします!