奨学生レポート RMFレポート インタビュー

学フェス日記その4~イタリア&英国~

RMFレポート

[ 2016.05.22 ]

1週間のリハーサルを経て、ついに始まった京都・国際音楽学生フェスティバル。

5月21日の1日目はイタリアと英国の学生を中心とした演奏が行われました。

20160521

まずはイタリアのミラノ・ヴェルディ音楽院。

オーボエとピアノの演奏。

 

DSC00477

バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」から、映画「ミッション」の印象的な場面で奏でられたモリコーネの「ガブリエルのオーボエ」まで幅広い時代の演奏が行われました。

 

続いて、英国王立音楽院の学生4人の弦楽四重奏の演奏です。

 

DSC00624

 

ドヴォルジャークの弦楽四重奏曲「アメリカ」を演奏し、豊かな響きでホールが満たされました。

 

合奏では、アメリカと日本の学生も参加した弦楽合奏。

 

521_0078

 

1曲目はオーボエをソリストとして迎えたマルチェッロのオーボエ協奏曲。

実はオーボエ奏者は今回のフェスティバルで最年少参加者。

 

DSC00772

 

1日目は大盛況で終演しました。

あす以降もチケットがまだ入手できる公演もございますので、ぜひお越しください!

 

521_0113

<終演後の参加証渡しの様子>

 

◆チケットの販売状況(2016年5月22日09:00現在)

 

・5月21日(土)…公演終了

・5月22日(日)…当日券販売予定

・5月23日(月)…まだ若干の余裕があります。

・5月24日(火)…まだ若干の余裕があります。

・5月25日(水)…完売

・5日間通し券…完売

※全て自由席です。公演の詳細は以下のURLをご参照ください。

http://micro.rohm.com/jp/rmf/naiyou/kokusai_kouryu/pdf/festival16.pdf

 

チケットの問い合わせ

エラート音楽事務所:075-751-0617

 

(写真撮影:佐々木卓男)