奨学生レポート RMFレポート インタビュー

学フェス2015日記その7(オーストリア&ポーランド)

RMFレポート

[ 2015.05.26 ]

学フェス3日目はオーストリアとポーランドの学生が中心となったステージ。

オペラのアリアでは演出付きのステージが披露され、多くの方が楽しみました。

525_0401525_0048

オーストリアのウィーン国立音楽大学からはマルティーナ・フェンダーさん(ソプラノ)、アンジェロ・ポラックさん(テノール)、フィオーナ・ポラックさん(ピアノ)が出演。

シューベルトの「アヴェ・マリア」等を披露しました。

525_0095

 

ポーランド、ショパン音楽大学からはロクサナ・クファシニコシュスカさん(ヴァイオリン)、ヨアンナ・カツペレックさん(ピアノ)の演奏しました。

マスネの「タイスの瞑想曲」、ベートーヴェンの「ヴァイオリン・ソナタ 春」を披露。

525_0148

 

合奏ではピアノの連弾でスメタナの「売られた花嫁」から「序曲」等を演奏。

525_0209

 

弦楽器とピアノ、そして歌手を交えたオペラのアリア。

ドニゼッティの「愛の妙薬」から抜粋して演奏。

525_0146

 

 

終演後の様子。

525_0048

学フェスも後2日。終りが見えてきました。

今後も素晴らしい演奏に期待大です!

 

<チケットの販売状況>5月26日10:00現在

 

5月23日(土)…終了

5月24日(日)…終了

5月25日(月)…終了

5月26日(火)…◯

5月27日(水)…完売

5日間通し券…完売

 

(チケットのお問い合わせ:エラート音楽事務所075-751-0617)