奨学生レポート RMFレポート インタビュー

音楽セミナー受講生によるコンサート!The Cello Ensemble Concert 2014

RMFレポート

[ 2014.08.18 ]

ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナー<弦楽器クラス>にてチェリストの林峰男先生の指導を受けたチェリスト7名が再び集まり、林峰男先生と共に演奏するThe Cello Ensemble Concert 2014が開催されます。

201408181415_0001

<ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナー弦楽器クラスとは?>

93夏-3

1992年~1996年にかけて8回開催されたプロの音楽家を育成するためのセミナーで、講師にはヴァイオリンの宗倫匡先生、ヴィオラの深井碩章先生、そしてチェロの林峰男先生に務めていただきました。

1992年の夏にスイスで始まり、加えて春には日本でもセミナーを開催し、著名な先生方のご指導のもと、多くの方がソロ、室内楽を学びました。

 

94春 93夏-5

受講された方は延べ154名にも上り、過去の受講生ではベルリンフィルハーモニー管弦楽団首席ヴィオラ奏者の清水直子さんやソリストでヴァイオリニストの礒絵里子さんやチェリストの古川展生さんをはじめ、多くの方が国内外で活躍をされています。

——————————————————————————
そして今回は音楽セミナーを1992年~1996年の間に受講された7人のチェリストが再会し、林峰男先生と共に演奏会を開催することになりました。

そのきっかけや演奏会にかける意気込みをメンバーの方、そして林峰男先生にお伺いしました!

(以下、敬省略)

 

<コンサートを開催しようと思ったきっかけは?>

【河田】
先生が日本にいらっしゃる時に時々皆に声をかけて集まっていましたが、その席でいつも「いつか先生とチェロアンサンブルをやりたい」と話題がでていたものの、実現するにはいくつものハードルがありました。今回、思い切って具体的な事を考え先生にお話したところ、先生も快く協力して下さることになり、なんとか実現させることができました。

 

【三森】
20年ぶりに林先生や懐かしい当日の学びの友と共演して、さらに研きをかけられたら嬉しいと思いました。

 

<今回のコンサートのきっかけである音楽セミナーを受けようと思った理由は?>
【三森】
林先生が素晴らしいチェリストであるのはもちろんのこと、スイスの美しい環境とヨーロッパの空気の中、集中して学びたかったからです。

 

【河田】
峰男先生のお名前は耳にしていたものの、実際には何の情報も持っていなかったのに、夏のスイスに行きたい!という理由で応募させて頂きました。もちろん、レッスンを受けて上手くなりたいという気持ちが根底にあって、の話ですが・・・

 

【櫻井】
大学生だった私は、楽器を持って行く海外は、初めてのことで、スイスで開催されるということはとても魅力的でした。

 

<音楽セミナーでの林峰男先生の印象は?>
【三森】
全ての曲を真摯にとらえ、惜しむことなく指導してくださいました。

 

【河田】

レッスンの時は当然の事ながら厳しい面もありましたが、それ以外の時間にはとても気さくに生徒に接して下さいました。フランス語と日本語では雰囲気が変わるように感じるのは私だけでしょうか?

 

【長谷部】
レッスンだけでなく、先生を含めた皆でいられる時間が楽しかった。

 

【櫻井】
海外で広くご活躍されている林先生は、音楽のお話だけでなくいろいろな面においてグローバルで、私にとってとても新鮮でした。

 

93夏-1

 

<音楽セミナーを受けた後は皆さんは、どのような活動をされていたのでしょうか?>
【三森】
リサイタル、室内楽、在京オーケストラ、音大での指導など。

 

【河田】
それまでは仕事をすることに重点を置いていましたが、ソロで演奏する楽しみに目覚め、自分で企画した小さいコンサートなどをやるようになりました。

 

【長谷部】
しばらくフリーで活動し、その後オーケストラに入りました。

 

【櫻井】
このローム ミュージック ファンデーション音楽セミナーを受けたことがきっかけで益々海外に目を向けることになり、大学卒業後の海外への留学とその間のコンクールやマスタークラスでの経験、その間に繋がることが出来たかけがえのない人々との繋がりで、今の様々な演奏活動への礎となりました。

 

<今回のコンサートの目玉は何でしょうか?>
【三森】
夏の暑さもぶっ飛ばす、若々しいアンサンブルです。

 

【河田】
ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナーの受講者メンバーが集まって先生と一緒にアンサンブルをする、その事そのものが目玉です!

 

【櫻井】
個性豊かなメンバーが揃っているところだと思います。性格が演奏や音に出るというわけですから、同じ楽器が8丁あっても8倍楽しめることかと思います。

 

93夏-4

 

<林先生にお伺いします。ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナーでの指導はいかがでしたでしょうか。>

【林】

素晴らしい環境の中、教える者と教わる生徒との信頼関係が築かれれば大きな成果が生まれる。

ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナーで得た経験です。

 

<今回、コンサートを開催するということになった時はどんな思いでしたか?>
【林】

ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナーで学んだ事の価値を、参加者が認めてくれた結果がこのコンサートの実現に結びついた、と考え大きな喜びを感じています。

 

————————————————————————

久しぶりの再会の演奏、どんな演奏になるかとても楽しみですね!
ローム ミュージック ファンデーション音楽セミナーを受講した音楽家の素晴らしい演奏に期待大です!

 

日時:2014年8月22日(金)19:00開演(18:30開場)
場所:三鷹市芸術文化センター 風のホール
入場料:一般/4,500円(前売4,000円)、学生/3,000円(当日のみ)
内容:チラシをご覧ください。(画像をクリックすると拡大されます)

201408181415_0001