奨学生レポート RMFレポート インタビュー

フェスティバル日記その6@フェスティバル3日目

RMFレポート

[ 2013.05.28 ]

5月27日にフェスティバル3日目が開催されました。

5.27 shot

5月27日のフェスティバルは、

①ロシア:チャイコフスキー国立モスクワ音楽院(ソプラノ、テノール、ピアノ)

 

②フィンランド:シベリウス音楽院(ホルン、ピアノ)

 

③合奏:ロシア、フィンランド

 

という、歌中心の内容でした。

 

ロシアのステージでは、ラフマニノフやロッシーニなど、ロシアとイタリアの作曲家の作品を演奏。

 

527_0023

 

527_0072

 

ピアノのアンナ・ツィブラエワさんの伴奏のもと、ソプラノのタチアナ・イヴァノーヴァさんとテノールのセルゲイ・ニコラエフさんそれぞれのソロに加えて、歌詞の内容に合わせた演技を付けた二重唱などを演奏し、大変盛り上がりました。

 

527_0123

 

フィンランドのステージでは聴きなじみのあるモーツァルトの「ホルン協奏曲」や、プロコフィエフの「ピアノ・ソナタ第1番」を演奏。

 

527_0239

 

ホルンのアレクシ・マキマッティラさんのまろやかな音と、ピアノのサンナ・イルインさんの情熱的な演奏がホールを響かせました。

 

そして、ロシアとフィンランドの学生が参加するアンサンブルの演奏。

 

527_0271

 

まずは二人のピアニストによるラフマニノフの4手連弾「6つの小品 作品11」。

二人の情感あふれる演奏は圧巻でした。

 

527_0368

 

そしてロシアの歌手2人とフィンランドのピアノのアンサンブルは、この1週間で育んだコンビネーションでしっかりと息を合わせて演奏されていました。

 

フェスティバル3日目が終了し、残るは後2日。このフェスティバルも終わりが近づいてきました。最後のフィナーレに向かってさらに盛り上がっていくでしょう。

 

下の写真は終演後の出演学生。

 

527_0148

 

(文章:ローム ミュージック ファンデーション / 写真撮影:佐々木 卓男)