事業内容

アナログパワーで世界No.1へ アナログパワーに特化した先進のデバイス・プロセス技術を駆使して「高品質」と「安定量産」を実現

未来のよりよい社会と暮らしを創造するため、鍵を握るのがLSIなどの半導体デバイス。
その中でも省エネルギーや環境負荷軽減といった社会的課題の解決に大きく貢献するのが、高度なアナログ技術を要する高効率かつ低損失な電源LSIやモータドライバです。

ローム浜松では、ロームグループが最も得意とするアナログパワーに特化した先進のデバイス・プロセス技術を駆使して最高水準の品質と安定量産を実現し、社会的課題の解決に大きく貢献しています。

未来をつくる夢のデバイス、それはロームグループ屈指の生産拠点から誕生します。

LSI

LED

世界中の様々な電子機器に使用されています。

近年、市場拡大を続けるスマートフォン、液晶テレビ、パソコン、暮らしにあふれるデジタルAV機器、電装化の進む自動車など、 その高機能化や小型化に、ロームの半導体製品が大きな役割を果たしています。 ローム浜松から誕生した半導体も、ロームの製品の一部となり、様々な用途で活躍しています。

ロームの部品が使用されている製品の例

  • スマートフォン
  • テレビ
  • ノートパソコン
  • 車
  • カーナビゲーション
  • エアコン

複雑かつ超高精度なものづくりを支える先進のデバイス・プロセス技術と最適化された生産設備

LSIなどを回路設計の段階から量産段階へ移行するために欠かすことのできない「ウエハプロセス(前工程)」の技術。
特にローム浜松が得意とするアナログパワーLSIのウエハプロセスは大変複雑であり、高精度な化学処理の積み重ねによりつくり上げられます。
アナログパワーに特化して長年蓄積してきた先進のデバイス・プロセス技術と最適化された生産設備は、ローム浜松の最大の強みとなっており、つねに世界をリードしています。


  • 複雑かつ超高精度な加工処理を実現する半導体製造装置


  • 集束イオン電子ビーム加工観察装置(FIB-SEM)など最新の解析機器を駆使


  • 自動化の進んだクリーンルーム