品質への取り組み

独自開発の生産設備と、全工程での品質管理の徹底。
品質第一の企業目的の下、高品質な製品を大量に世に送りだし続けています。

「われわれは、つねに品質を第一とする」。ローム・アポロは高品質な製品の安定した供給こそが自らの使命と考え、生産設備の開発段階から品質管理を徹底。生産工程にロームグループの品質技術やノウハウを存分に盛り込んだ、品質作り込み型の生産設備を導入するとともに、製品検査などの製品品質管理を全工程に行き届かせて、ユーザーからの高い信頼を勝ち得ています。
また、徹底したユーザー志向を全工程で実践する、独自のRPS活動(ROHM Production System)を実施。製品の品質や信頼性の向上はもちろん、多様な規格への対応や大量生産の実現など、高品質の製品を大量に安定に供給しつづけるというユーザーニーズに的確にお応えしています。
また、ローム・アポロでは品質保証体制に関する国際規格「ISO9001」、自動車産業国際規格の「TS16949」の認証を取得し、維持しております。

品質管理基本方針

  • 1. 社内標準化を全社的に推進し、データによる管理体制を確立する。
  • 2. 総合的かつ継続的な調査活動を行い、新技術、新製品の開発に努める。
  • 3. 企業活動のあらゆる分野において、統計的方法を積極的に活用する。
  • 4. すべての工程において、品質保証の体制を確立する。
  • 5. つねに生産方式の近代化を図り、製品のコスト低減に努める。
  • 6. 材料、半成品の購入に際しては、契約によって納入者に品質保証をさせること。

品質保証・4つのM

国際規格 「ISO9001」「TS16949」